いたくても いたくても

いたくても いたくても

イントロダクション

何と?通販会社が、起死回生をかけて通販番組内でプロレス団体を設立!選手はプロレス経験もない、しがない社員たち。しかし、ひとりの女性社員を巡って恋の炎に火が付いた男たちは仕事も恋もガチの真剣勝負に挑んでいく・・・!恋のファイターたちが戦いの末に見た予想外のジャッジとは?奇想天外なメタフィクションのプロレス恋愛活劇を作ったのは『ハッピーアワー』(15)の濱口竜介、『ディストラクション・ベイビーズ』(16)の真利子哲也など、気鋭の新人監督を生んでいる東京藝術大学大学院映像研究科出身の堀江貴大。文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2015」での監督作『はなくじらちち』(16)も評判を呼んだ。主人公の星野を演じるのは、『溺れるナイフ』(16)などに出演、さらに監督作『故郷の詩』(12)も話題となった嶺豪一。ヒロインの葵には『螺旋銀河』(14)での好演が印象的な澁谷麻美。他、『百円の恋』(15)での怪演が忘れ難い坂田 聡、若手監督作品には欠かせない存在の芹澤興人ら、個性派俳優陣が結集。第16回 TAMA NEW WAVEでは主演男優賞&主演女優賞&グランプリと3冠受賞を果たした本作。その卓越したアイデアと往年のハリウッド映画を思わせる恋とファイトの熱き駆け引き。ここに、新時代のエンターテイメントが誕生した。

ストーリー

とある通販会社の破天荒社長が社内で始めたプロレス同好会。社長の突然の思いつきから、プロレス同好会は社内事業として“商品を紹介しながらプロレスをする”エンターテイメント通販番組の中継へと発展していく。
社長が書いたシナリオに翻弄されながらも次第にプロレスにのめり込んでいく星野(嶺 豪一)。
同僚でもあり彼女でもある葵(澁谷麻美)は戸惑いを隠せない。そこに二人の仲に割って入ろうとする戸田(吉家翔琉)がライバルとして星野の前に立ちはだかる。
仕事と恋愛、 プロレスへのそれぞれの思いが入り乱れ、彼らの三角関係はやがて思いもよらない方向へと進んでいく。